店長の西山です。

前回の「独り言」では、脱毛症という病気のために髪を失ってしまったけれど、そのことを悲観することが無いばかりか、逆に抗がん剤治療によって一時的に髪を失ってしまった母親を勇気づける素晴らしい7歳の女の子「ローズ」ちゃんの感動的な姿をご紹介しましたが、今日はまた違う病気を患いながら、とてもポジティブに活動し、日常を送る一人の男性の記事を目にしましたのでご紹介致します。

皆様は「アルビノ」という言葉やその症状をご存知ですか?
簡単に表せば、通常私たちの皮膚や髪に存在する「メラニン」という色素が欠落している症状です。
そのために体に様々な弊害が出るのですが、やはり前回のローズちゃんと同じようにポジティブに生き、その自分を起点にして同様の方々に対して様々な活動をなさっている男性のご紹介です。
私も以前、同様の男性のお客様の担当として、毎月ヘアカラーを施術させて頂いていた当時を思い出しました… 。
少し長い記事ですが、是非全文をご覧になって下さい。

26歳で初めて医師から告知…知られざる「アルビノ当事者」の願い